文鳥の飼育に必要なものとその費用

文鳥の飼育に必要なものとその費用

どんなペットにせよ飼育するのにはそれなりにお金がかかります。文鳥の飼育にかかる費用はどれくらいなのでしょうか?

 

文鳥飼育の飼育に必要なものと費用

文鳥を飼育する上で必要なものを確認しておきましょう。

 

  • 鳥かご
  • 水入れ
  • 餌入れ
  • ブランコ
  • ヒーター(冬場に必要)

 

この中で一番高いのは鳥かごですが、せいぜい高くても10000円くらい。餌代に関しては1袋1000円以内で買えるでしょう。

 

その他水入れや餌入れ、ブランコ、ヒーターといった備品を全て合わせても15000円くらいですね。

 

文鳥自体もペットショップで買うならば、勿論品種にもよりますが1匹で3000〜5000円くらいはするでしょう。

 

よって飼育に必要なものの費用に関してはどんなに高くても2万円以下で済むかと思います。

 

毎月にかかる費用

毎月にかかる費用といえば餌代くらいですね。1月に1袋消費するとしても毎月1000〜2000円程度ですね。

 

ただ病気や怪我をしてしまった場合はその治療費が万単位でかかってくる可能性もあります。治療費は病気の種類や進行具合で異なりますので、一概にはいくらとはいえません。

 

ただ安くはないというのは言っておこうと思います。もし飼育している文鳥が病気になった時にお金がかかるのに抵抗があるのなら飼うのはやめておいたほうがいいと思います。

<スポンサーリンク>

関連ページ

文鳥につぼ巣は必要?
文鳥につぼ巣は必要?と疑問に思っている方が多いようなのでアドバイスをさせて頂きます。
文鳥に日光浴は必要?
文鳥に日光浴は必要なの?と気にされる方が多いようなのでアドバイスさせて頂きます。
文鳥に水浴びは必要?いつから?
文鳥に水浴びは必要なの?また必要だとしたらいつからやらせればいいの?という疑問にお答えあします。
文鳥の遊び道具一覧
文鳥のストレス解消に効果的な遊び道具(玩具)を紹介しています。

 
トップ