旅行に行く場合の文鳥のお留守番

旅行に行く場合の文鳥のお留守番

旅行や出張などで家をしばらく留守にしなければいけない場合、文鳥は留守番させてしまってもいいのでしょうか?

 

文鳥の留守番方法

1泊程度の留守番ならば多めに餌や水を入れておけば問題ないでしょう。

 

ですが2泊以上になるのならできれば鳥を飼っていたり、飼った経験のある人に預けることが望ましいです。

 

文鳥を家に留守番させられるギリギリのラインは2泊3日だと思います。ネットでも2泊3日の旅行で留守番してもらったけど全く問題なかったという声があります。

 

 

ドアは閉めておくべき?

ずっとケージの中では危ないからと開けっ放しにしようと考える人もいるかもしれませんが、タンスやら本棚やらの間に入ってしまい出られなくなるリスクも考えなければいけません。

 

もし開けっ放しにして自由に出入りできるようにするなら徹底して危ない場所は排除して、絶対に大丈夫と確信がもてる状態にしてから出かけるようにしましょう。

 

ペットホテルやペットショップに預ける場合

預けられる知り合いがいない場合はペットホテルやペットショップで預かってもらうといいです。小鳥ならば1泊2日で2000円程度だと思います。

 

旅行に連れていくのはNG

寂しいと思うからといって旅行に連れていくのはNGです。犬ならまだしも鳥にとっては移動そのものがストレスになりますし、旅先の環境の急変は大変にストレスなはずです。

page top