文鳥飼育上の注意点まとめ

文鳥飼育上の注意点まとめ

文鳥を飼育するうえで注意すべきことについて紹介しています。

 

文鳥飼育の前に知っておくべき注意点

【注意1】常に目を離さない

文鳥に限らず小鳥というのは放鳥すると非常に活発に動きます。地面をちょろちょろ歩きまわることもありますので、誤って踏んでしまったりしないように常に目を離さないようにしてください。また好奇心も旺盛ですので、人間の食べ物やら薬やら小鳥が食べたらまずいものは遠ざけておきましょう。

 

【注意2】温度管理

文鳥飼育において温度管理は非常に大切です。とくに日本の寒さには弱いですので、成長ならば15℃を下回らないようにヒーターやエアコンで温度管理をしてあげることが大切です。そのためエアコンを使う電気代がもったいない!という方にはあまり向いていないかと思います。

 

【注意3】寿命が長い

文鳥というのは大切に育てればかなり長生きします。平均寿命は8年ほどといわれていますので、天寿を全うするまで大切に飼いきる自信があるかどうかも飼う前に考えておかねばならないことです。

 

【注意4】他のペットと飼う場合

他のペットと飼うのは種類によっては絶対NGです。例えば犬や猫なんかは文鳥を玩具としか認識しない可能性があります。犬や猫にとっては遊びのつもりのヒト噛みが文鳥には命取りになります。ハムスターとかカメのような小動物なら問題ないと思いますが、少しでも文鳥に危害を加えそうと思える動物とは一緒に飼わないようにしましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

文鳥の性格が変わる理由
文鳥というと雛から育てればしつこいくらいべた馴れしてくれる人懐っこい性格として人気ですが、その性格が育て方しだいで変わってしまうこともあります。
文鳥を多頭飼いする場合の注意点
多くの文鳥を飼育したいという人もいるでしょう。今回は文鳥を多頭飼いする場合の注意点について解説しています。
旅行に行く場合の文鳥のお留守番
旅行や出張などで家をしばらく留守にしなければいけない場合、文鳥は留守番させてしまってもいいのでしょうか?
老鳥の文鳥の世話の注意点
7歳以上の文鳥は人間年齢に換算すると60歳以上ということになります。ここからは老鳥であるという認識を持ち育てるようにしましょう。
文鳥に生のトウモロコシをあげても?
文鳥に生のトウモロコシをあげても大丈夫?という疑問にお答えしています。
文鳥にあげていい果物と駄目な果物
文鳥に食べ物(餌)として果物をあげてもいいの?という疑問に対する回答です。

 
トップ