文鳥が羽をバタバタさせる理由

文鳥が羽をバタバタさせる理由

飼育している文鳥が羽をしょっちゅうバタバタさせていることに疑問を抱いている方へアドバイスです。

 

文鳥が羽をバタバタさせる理由

自立しかけている文鳥の雛はよく羽をバタバタさせていますね。これは飛ぶ練習であることがほとんどなので心配する必要はないでしょう。

 

まれに寄生虫がいてかゆいからバタバタやっていることもあります。

 

 

寄生虫でなくても換羽の時期というのは体がかゆくて、頻繁に毛づくろいしたり羽をはばたかせるようです。

 

対策としてはとくに病院につれていくこともないと思うのですが、寄生虫ならばケージを清潔にする、水浴びをさせる、などしてみてはどうでしょう。

 

文鳥は寒い時期でも喜んで水浴びをしますので、底の浅い皿に水を貼って与えてみてください。

 

あとは日光浴などさせてみたらダニ対策になりますね。日光浴は外気との温度差があまり激しくない日にやるようにしてください。【関連記事:文鳥の日光浴の必要性

page top