文鳥の毛引きの原因と対策

文鳥の毛引きの原因と対策

文鳥の毛引きの原因と対策について解説しています。

 

毛引きとは

まず毛引きとは何か?ということですが、これは文字通り自分で自分の毛、つまり羽根を引き抜いてしまうことです。重度になるとくちばしが届く範囲すべての毛を引き抜いてしまい見た目が痛々しくなります。

 

毛引きの原因

毛引き症の原因としてはいくつかかんがえられます。

 

  • 環境変化のストレス
  • 日光浴の不足
  • ダニ・寄生虫
  • 栄養不足
  • ビタミンや脂肪の摂りすぎ

 

などなど。

 

環境やストレスに関しては要因を特定して排除すればいいですし、ダニや寄生虫に関してはケージを定期的に掃除をしていれば防げます。食事は青菜や果物などの栄養補助の食べ物で不足分をカバーできます。

 

このようにどれも飼い主の意識しだいで予防できることばかりなので、今回お話したことを頭に入れておいて毛引き症にならないようにしておきましょう。

 

 

対策

毛引き症になってしまった場合は完治するまではエリザベスカラーをつけて対策します。

 

また一番多いのはストレスが要因のケースですので、できるだけ文鳥にストレスを与えないように飼い主が配慮しなければいけません。

 

文鳥というのは人間が思っている以上にデリケートで、置き場所を変えたり、放鳥の時間が変わったり、玩具の配置を変えたりといったささいなことでストレスを感じたりするのです。

page top