文鳥の睡眠時間は?

文鳥の睡眠時間は?

人間がペットと共に生活していく以上、ある程度はペットの生活スタイルを考慮する必要があります。そして文鳥を飼育する上で、文鳥の睡眠時間について心配される人が多いのでアドバイスさせて頂きます。

 

 

睡眠時間は決めておこう

文鳥も基本的には野鳥と同じで日が沈めば眠り、日が昇れば起きます。

 

人間の場合はわりと0時頃まで起きていますが文鳥の場合はもう少し早く眠らせたほうがいいでしょう。

 

大体21~22時頃にカバーをかけ、朝6時の起床時間まではかけっぱなしにしておきます。

 

できれば遮光性の高い布で人間が遅くまで起きていても影響が少ないようにしてあげたほうがいいかもしれません。

 

このようにしたら生活スタイルがより自然のサイクルに近くなるので、ストレスが少なくなると思います。

 

これは人間と同じですね。私たちも生活習慣が乱れると変な時間にお腹が減ったり眠たくなったりしてストレスをためます。

 

不規則な生活習慣が癖になってしまっている人は、なるだけ文鳥を不規則に付き合わせないほうがいいと思います。

 

まあ別に夜更かししたらしたでお昼ねしたりして睡眠時間を自分で調整するのでさほど大きな問題ではないと思いますけどね。飼育における姿勢の問題です。気を使える部分は使ったほうが健康に長生きするものです。

page top