文鳥の産卵時期(発情期)

文鳥の産卵時期(発情期)

文鳥の産卵時期(発情期)について解説しています。

 

文鳥の産卵時期

文鳥は9月から翌年の5月にかけて産卵を行います。そのためペットショップに文鳥の雛が多く出回るのもこの時期です。

 

産卵時期はデリケート

産卵時期の文鳥は非常にデリケートになっており、攻撃的になる傾向にあります。

 

成鳥から飼い始めた手乗りでない文鳥の場合は飼い主に対して攻撃することもあります。

 

 

無精卵対策

つがいで飼っていなくても無夢卵を生みます。雛が欲しいならまだしも、増やすつもりがないのに無精卵の卵を産ませ続けるというのは卵詰まりのリスクがあるので避けるようにしましょう。

 

産卵をさせない為には

卵を産ませたくないのならつぼ巣や皿巣を片づけておきましょう。こういった営巣場所があると本能で卵を生んでしまいます。

 

また発情を抑制することも有効な方法になりますが、そのためには栄養価を抑えなければいけません。

 

ですが本来栄養が必要な寒い時期に栄養価を抑えるというのは文鳥の健康を考えるとあまりよくありません。

 

栄養不足の状態で卵を生んでしまったら未熟でからが柔らかい卵ができてしまう原因になり、こういった卵は卵詰まりの一番の原因です。

 

産卵させつつ回数を抑える

そこで安全な対策としては、栄養価の高い食事を与えて安全な産卵をさせつつ巣の撤去などでできるだけ回数を抑えるということですね。

page top