文鳥の雛の飼育時期

文鳥の雛の飼育時期

文鳥の雛の購入・入手時期についてアドバイスしています。

 

文鳥の雛の入手時期

文鳥の雛が欲しいと考えている人は多いと思いますが、文鳥の繁殖時期というのは大体9月から翌年の5月くらいです。なのでこの秋から春にかけての時期にペットショップに行けば様々なカラーの文鳥が見られるかと思います。

 

雛を入手するのなら9月頃がいいのではないでしょうか。文鳥の雛は寒さに非常に弱いので冬場はとくに気を使わなければならないためです。

 

まあとはいえヒーターを常備して、温度管理を欠かさないようにすればさほど難易度の高いものではないので、好きな時期に入手すればいいと思います。

 

購入前に飼育本を熟読しておけば問題ないでしょう。

 

文鳥の雛の選び方

上述した時期にペットショップに行けば文鳥の雛がたくさん見られるかと思います。文鳥の雛の選び方ですが初めて飼うという人は孵化してから4週間程度たった個体が望ましいです。店員さんによって挿し餌にも慣れているでしょうからね。

 

あとは自分が好きな色とか性格の子を選ぶといいですね。見るからに衰弱していたり病気のような子は購入するのは自由ですが、避けたほうがいいです。初心者には荷が重いと思います。

<スポンサーリンク>

関連ページ

文鳥の雛を迎える準備
文鳥の雛を迎える前にある程度準備しておくことがあります。今回はその準備について詳しく解説しようと思います。
文鳥の雛の値段は?
文鳥は雛から育てないとなかなかべったり懐いてはくれません。そのため手乗りにしたいなら雛の入手が大前提ですが、雛というのはいくらくらいの値段なのでしょうか。
文鳥の雛の選び方
手乗りにするには雛のうちから飼育するのが大前提です。その上でわりと重要な雛の選び方を紹介しています。
文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しい
文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しいといわれています。

 
トップ