文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しい

文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しい

文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しいといわれています。

 

文鳥を手乗りにするには

文鳥を手乗りにするには雛のうちから育てて、飼い主である人間を親と思いこむ(刷り込みさせる)ようにしなければ駄目です。

 

すでに成鳥になった文鳥を引きとったり、親鳥の元で長い間育てられた文鳥を引きとっても手乗りにするのは難しいといわれています。

 

※手乗りにするには親鳥から生まれて10日以内に雛をとりあげて人間の手で育てる必要がある。

 

手乗りにするうえでの注意点

文鳥の雛というのは生後3週間くらいまでは3~4時間おきの餌やりが必要になります。そのため1人暮らしで会社員などをやっている人にとっては雛の飼育が難しく手乗り文鳥にするのは難易度が高いといえます。

 

複数飼いよりも1羽飼い

また手乗りにするための絶対条件といかないまでも重要な条件が1羽飼いというところです。

 

2羽飼いですと仲間同士で仲良くなるので、人間に対してはけっこう余所余所しくなります。まあ文鳥の立場になれば当然といえば当然ですよね。

 

一緒に遊んだり、寂しさを埋めることができる仲間がいれば人間に対する依存度は必然的に下がるのです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

文鳥の雛を迎える準備
文鳥の雛を迎える前にある程度準備しておくことがあります。今回はその準備について詳しく解説しようと思います。
文鳥の雛の値段は?
文鳥は雛から育てないとなかなかべったり懐いてはくれません。そのため手乗りにしたいなら雛の入手が大前提ですが、雛というのはいくらくらいの値段なのでしょうか。
文鳥の雛の選び方
手乗りにするには雛のうちから飼育するのが大前提です。その上でわりと重要な雛の選び方を紹介しています。
文鳥の雛の飼育時期
文鳥の雛の購入・入手時期についてアドバイスしています。

 
トップ