文鳥の雛を迎える準備

文鳥の雛を迎える準備

文鳥の雛を迎える前にある程度準備しておくことがあります。今回はその準備について詳しく解説しようと思います。

 

ヒーター・温度計などの温度管理の道具

雛の飼育において最重要といってもいいのが温度管理です。文鳥の雛にとっては暑すぎ寒すぎどちらもかなりの負担になります。夏ならばエアコンなどの冷房設備、冬ならばヒーターやひよこ電球が必要になります。また室温とケース内の温度は必ずしも一致しませんのでケースの中に温度計を入れておく必要もあります。

 

※温度計は100均にも売っています。

 

プラケース

通常雛のうちはプラケースにて飼育します。まあ100円ショップとかに売っている虫かごとかでも十分だと思います。成長とともにじょじょにケージにも慣らしていくので、ケージも準備しておくといいですね。

 

敷ワラ

プラケースの下に敷く藁です。保温効果も兼ねています。ただこれを敷いてそのまま雛を入れてしまうと目を傷つけることもあるので、上からキッチンペーパーなどを敷いてから入れることをおすすめします。

 

あわ玉

文鳥の餌です。ペットショップに売っています。

 

ひなベビー

たんぱく質や脂肪、ビタミンミネラルが豊富な餌です。手乗りの雛の育成を想定して開発された食品みたいです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

文鳥の雛の値段は?
文鳥は雛から育てないとなかなかべったり懐いてはくれません。そのため手乗りにしたいなら雛の入手が大前提ですが、雛というのはいくらくらいの値段なのでしょうか。
文鳥の雛の選び方
手乗りにするには雛のうちから飼育するのが大前提です。その上でわりと重要な雛の選び方を紹介しています。
文鳥の雛の飼育時期
文鳥の雛の購入・入手時期についてアドバイスしています。
文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しい
文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しいといわれています。

 
トップ