文鳥の雛を迎える準備

文鳥の雛を迎える準備

文鳥の雛を家に迎える前に知っておくべきこと、準備すべきことを紹介しています。

文鳥の雛を迎える前にある程度準備しておくことがあります。今回はその準備について詳しく解説しようと思います。ヒーター・温度計などの温度管理の道具雛の飼育において最重要といってもいいのが温度管理です。文鳥の雛にとっては暑すぎ寒すぎどちらもかなりの負担になります。夏ならばエアコンなどの冷房設備、冬ならばヒーターやひよこ電球が必要になります。また室温とケース内の温度は必ずしも一致しませんのでケースの中に温...

文鳥は雛から育てないとなかなかべったり懐いてはくれません。そのため手乗りにしたいなら雛の入手が大前提ですが、雛というのはいくらくらいの値段なのでしょうか。文鳥の雛の値段出荷されたところや品種によって異なりますが、大体2000〜4000円くらいが相場だと思います。※代表的な桜文鳥や白文鳥は2000円くらいから売られています。高ければ健康で長生きというわけでもないです。雛を選ぶ時は好みの色や性格で選ぶ...

手乗りにするには雛のうちから飼育するのが大前提です。その上でわりと重要な雛の選び方を紹介しています。文鳥の雛の選び方文鳥は9月の下旬から翌年の5月頃にかけて繁殖するので、この時期には文鳥の雛がペットショップで売られているのを見るのが多くなることでしょう。ただゲージに入っている雛はたくさんいるので、どういった点に着目して選べばいいのか迷いますよね。単純な好みなら色で決めるという人もいると思いますが、...

文鳥の雛の購入・入手時期についてアドバイスしています。文鳥の雛の入手時期文鳥の雛が欲しいと考えている人は多いと思いますが、文鳥の繁殖時期というのは大体9月から翌年の5月くらいです。なのでこの秋から春にかけての時期にペットショップに行けば様々なカラーの文鳥が見られるかと思います。雛を入手するのなら9月頃がいいのではないでしょうか。文鳥の雛は寒さに非常に弱いので冬場はとくに気を使わなければならないため...

文鳥は雛から育てなければ手乗りにするのは難しいといわれています。文鳥を手乗りにするには文鳥を手乗りにするには雛のうちから育てて、飼い主である人間を親と思いこむ(刷り込みさせる)ようにしなければ駄目です。すでに成鳥になった文鳥を引きとったり、親鳥の元で長い間育てられた文鳥を引きとっても手乗りにするのは難しいといわれています。※手乗りにするには親鳥から生まれて10日以内に雛をとりあげて人間の手で育てる...

page top