文鳥の雛をケージに移すタイミング

文鳥の雛をケージに移すタイミング

家に迎えた文鳥の雛はしばらくはプラケースで飼育するものですが、じょじょにケージにも慣れさせなければいけません。

 

 

文鳥の雛をケージに移す

まずケージに慣れさせるタイミングとしては、飛べるようになりケースでは手狭に感じるようになった時がいいかと思います。

 

ただ最初は止まり木は低い位置に設置します。また底網がまだ怖いと思いますので、上に新聞紙を敷いてあげてください。

 

そして新聞紙の上に餌や玩具など蒔いて、ケージのフタを外した状態で中で遊ばせるといいです。

 

あとはプラケースに入れたままケージの中に入れて慣れさせるという手もありますね。

 

急ぐ必要はない

最初はケージを怖がってなかなか落ち着こうとしないと思うので、急がなくていいですよ。

 

大人用のゲージというのは保温が難しくなるので、1人餌になっていない雛にとっては少々厳しい条件ともいえます。なので無理は禁物です。

 

私は挿し餌が1日1回でよくなってから、ケージに移しました。

page top