文鳥の雛の育て方

文鳥の雛の育て方

文鳥の雛の育て方に関する記事をまとめています。

文鳥の雛の飛ぶ時期や練習について解説しています。雛が飛ぶ時期文鳥の雛は生後25日頃になると足がしっかりしてきて、羽ばたきの練習をするようになります。そして生後1カ月くらいの時期には飛べるようになる場合がほとんどです。最初の頃はうまくコントロールできずにあちこちに止まるかと思いますが練習を繰り返すうちにコントロールできるようになります。※まだ飛ばないと思って窓を開けていたら飛んで行ってしまったという...

文鳥の雛の餌に関する疑問「餌やりの時間はいつごろ?」についてアドバイスです。餌をやる頻度や時間帯文鳥の餌にはアワに玉子をまぶしたものを1日に4,5回、3〜4に1回程度の頻度で与えます。あげる時間帯については朝から寝るまでを4分割した時間にあげれば大丈夫でしょう。朝の6時から昼の14時くらいにかけて2回。15時から21時くらいにかけて2,3回という感じです。細かな時間については自分の都合に合わせてい...

家に迎えた文鳥の雛はしばらくはプラケースで飼育するものですが、じょじょにケージにも慣れさせなければいけません。文鳥の雛をケージに移すまずケージに慣れさせるタイミングとしては、飛べるようになりケースでは手狭に感じるようになった時がいいかと思います。ただ最初は止まり木は低い位置に設置します。また底網がまだ怖いと思いますので、上に新聞紙を敷いてあげてください。そして新聞紙の上に餌や玩具など蒔いて、ケージ...

文鳥の雛には挿し餌が必要になります。ですがその挿し餌はいつまで必要なのでしょうか?文鳥の挿し餌はいつまで?雛に対する挿し餌は雛が生まれてから10日以内に親鳥からとりあげた頃から始まります。そして一般的には生後3~4週間くらいまでは挿し餌が必要で、1人餌ができるようになるまでは生まれてから30〜40日くらいはかかります。飛びまわれるくらい成長した段階の文鳥を買った場合であっても朝と夕の2回程度の挿し...

文鳥の雛を飼っているけど寝てばかりで病気なんじゃないかと心配されている方へアドバイスです。寝てばかりは病気なのかまず寝てばかりだからといって病気とは限りません。文鳥にも個体差があって活発に動き回るものもいれば、あまり動かずに寝てばかりの子もいます。普通雛というのは餌の時以外は安静にしていますので、さほど心配することでもないかと思います。人間の赤ちゃんもほぼ1日中寝ていますがそれと似たようなものです...

文鳥の雛が挿し餌を食べない場合の原因や対処法について解説しています。餌を食べない原因と対処法まず雛がなかなか食べてくれないというのは珍しいことではありません。なんだかんだどこの家でも通っている道ですが、なんとか元気に育っている場合がほとんどです。なので落ち着いて対処しましょう。室温が寒い寒いと食べてくれない時もあります。冬場は温度管理が必要不可欠ですエアコンをつけてヒーターも常備しておく必要があり...

文鳥の雛は普通成長とともに毛が生えてきます。ただまれに毛が生えてこないということがあるようです。その原因について解説しています。文鳥の雛に毛が生えない原因もしも生後1カ月以上たってまだ毛がはえていない状態ならば甲状腺ホルモンの不足による成長の遅れや親鳥に育てられている時に羽を毟られた、などの理由が考えられます。が、一概には断定できないですね・・・。おそらく普通よりも生えてくるのが遅いだけで、成長と...

文鳥の雛を飼育していてそのうの餌が減らないという悩みを抱えている人へアドバイスをしています。そのう炎の可能性そのうからなかなか餌が減らないという症状が見られる場合は「そのう炎」の可能性があります。そのう炎というのはそのうが感染症を起こして消化不良などにつながる病気のことです。そのう炎の原因と対策については【⇒⇒文鳥の雛のそのう炎の原因と対策】で詳しく解説していますので参考にしてください。ただ餌が減...

文鳥の雛に餌をあげすぎないようにしてください。今回は餌の食べ過ぎに関する注意点についての解説です。雛はお腹が空いていなくても餌をねだるさっき食べたばっかりなのにまだ餌をねだることはよくあります。ただここで注意してほしいのは餌をねだるということが必ずしもお腹がすいているわけではないということです。餌をねだるのはいわば生き残る為の本能みたいなものです。鳥の雛というものはお腹の状態に関わらず親鳥をみれば...

page top