文鳥の止まり木のサイズや太さ

文鳥の止まり木のサイズや太さ

文鳥の止まり木の役割の解説や推奨される太さについてアドバイスさせて頂いています。

 

止まり木の役割

文鳥は野生においても1日の大半を止まり木に乗って過ごします。そのためその状況を再現できる止まり木というのは文鳥の精神面の安定の為にも重要な役割を果たしているかと思います。

 

また止まり木に自然木を使えば摩擦で爪が削れて、爪の伸びを抑えることができるというメリットがあります。飼い主の爪切りの負担が軽減しますね。

 

自然木と人口の木両方入れてあげるのがベストだと思います。

 

 

止まり木の太さ(サイズ)

人口の止まり木には色々な太さのものがありますね。20mm、15mm、12mm、8mmなどがありますが、どういった太さがいいかは飼育する鳥の種類によって異なります。

 

文鳥に関しては12mmくらいがちょうどいいのではないでしょうか。15mmとか20mmというのは大きめのインコやオウム向けですね。

 

止まり木は木製を

止まり木には木製とプラスチック製があります。プラスチック製は洗いやすいという人間側のメリットがありますが、文鳥は止まり木をかじるのでかじっても大丈夫な木製を選ぶことをおすすめします。

 

またくちばしの周りを綺麗にしたいときもよく止まり木にくちばしを擦りつけているので摩擦が良い木製のが適しているでしょう。

page top