文鳥の夏と冬の温度管理

文鳥の夏と冬の温度管理

文鳥飼育において猛暑にさらされる夏とかなり冷え込む冬の温度管理の方法について紹介しています。

 

夏の温度管理

そして文鳥は成長段階により推奨される飼育温度は微妙に違ってきます。

 

  • 雛:28~30℃
  • 中雛:25~30℃
  • 成鳥:20℃以上

 

なので夏・冬ともにこれらの温度を大幅に下回ったり上回らないように注意しなければなりません。

 

温度管理にはかごに温度計を入れておくといいでしょう。夏場は乾燥もあるので、湿度系も入れておくのが望ましいです。

 

私の場合は夏はエアコンの温度を28℃に設定しておき、フル稼働していましたね。電気代がもったいないと思うかもしれませんが、体調悪くして病院につれていく費用を考えれば安いものです。

 

 

冬の温度管理

文鳥は寒さが苦手なので、冷え込む季節はヒーターでの温度管理が必要になります。

 

例えエアコンがあったとしてもヒーターは備えておいたほうがいいでしょう。エアコンの調子が悪くなることもありますし、夜間は人間がいないところでエアコンを使うのももったいないでしょう。

 

ヒーターにも色々ありますが、カバー付きで光を発しないもののほうが文鳥の安全・ストレスの為にもいいでしょう。

 

以上簡単に温度管理について説明しました。文鳥やカナリアのような小鳥は温度管理が非常に大切です。温度管理がいいかげんで亡くなってしまう子もいるので注意してくださいね。

page top