文鳥のケージの大きさはどれくらいがベスト?

文鳥のケージの大きさはどれくらいがベスト?

文鳥の飼育に推奨されるケージの大きさはどのくらいなのでしょうか?

 

放鳥させてあげれば大きさは何でも

毎日放鳥させてあげることを前提としているなら、ケージの大きさにそこまでこだわる必要はないかと思います。

 

市販されているような文鳥やインコ用の鳥かごなら基本的にはどれでも問題ないでしょう。

 

できれば大きいほうが中でも動き回れるので運動になると思いますが、最終的には自宅の飼育スペースを考慮して決めてください。

 

 

ただ2羽以上飼うなら50cm×50cmくらいの大きさは最低限あったほうがいいかと思います。

 

10羽とか多頭飼いするならば、特注したりちょっと専門的なお店にいかないと適したケージが見つからないかもしれないですね。

 

ケージは丸型よりも角型

鳥かごには角型と丸型がありますが、人間にとっての利便性や文鳥にとっての住み心地を考えれば角型をおすすめします。丸型はどちらかというとインテリア面で優れているだけであの形状に優位性はあまりないです。

 

※本来3羽以上をケージで飼育するのは避けたほうが無難です。文鳥はテリトリー意識が強い動物なので縄張り争いが起こる可能性もありますし、異性をめぐるトラブルも起こり得ます。喧嘩になり負けたほうが逃げ場がなく大けがをしてしまう可能性もあります。

page top