文鳥の飼い方

文鳥の飼い方

文鳥を初めて飼うという方へ飼育における基礎知識を紹介しています。

文鳥の飼育に推奨されるケージの大きさはどのくらいなのでしょうか?放鳥させてあげれば大きさは何でも毎日放鳥させてあげることを前提としているなら、ケージの大きさにそこまでこだわる必要はないかと思います。市販されているような文鳥やインコ用の鳥かごなら基本的にはどれでも問題ないでしょう。できれば大きいほうが中でも動き回れるので運動になると思いますが、最終的には自宅の飼育スペースを考慮して決めてください。た...

文鳥の健康診断の必要性や頻度、費用について解説しています。文鳥の健康診断は必要なの?文鳥を飼い始めてすぐ(といっても1人餌ができるようになってから位)に鳥専門の病院に連れて行って健康状態をチェックする人は多いですね。そのう液便体重測定爪切りなどなどの異常検査です。検査の結果トリコモナスなどが発覚するケースも多いです。これは鳥同士で感染する病気ですので、ペットショップで感染してしまっているケースが珍...

文鳥飼育において猛暑にさらされる夏とかなり冷え込む冬の温度管理の方法について紹介しています。夏の温度管理そして文鳥は成長段階により推奨される飼育温度は微妙に違ってきます。雛:28~30℃中雛:25~30℃成鳥:20℃以上なので夏・冬ともにこれらの温度を大幅に下回ったり上回らないように注意しなければなりません。温度管理にはかごに温度計を入れておくといいでしょう。夏場は乾燥もあるので、湿度系も入れてお...

文鳥の止まり木の役割の解説や推奨される太さについてアドバイスさせて頂いています。止まり木の役割文鳥は野生においても1日の大半を止まり木に乗って過ごします。そのためその状況を再現できる止まり木というのは文鳥の精神面の安定の為にも重要な役割を果たしているかと思います。また止まり木に自然木を使えば摩擦で爪が削れて、爪の伸びを抑えることができるというメリットがあります。飼い主の爪切りの負担が軽減しますね。...

文鳥の爪の切り方についてわからないという方が多いようなので要所を紹介したいと思います。文鳥の爪切りの必要性文鳥に限らず鳥類のペットを飼育していく上で爪切りというのは必要になってきます。爪が伸びすぎると爪が折れて出血につながったりそこから感染症を起こしたりするからです。野生の鳥は自然の凸凹の木が研磨剤の役割を果たすので爪の伸びすぎを防げています。飼育下の鳥であっても自然の木を入れてあげることで爪の伸...

文鳥にとって貴重な栄養源といわれている青菜ですが、必ずしも全ての文鳥が好んで食べてくれるわけではありません。今回は文鳥が青菜を食べないという悩みを抱えている方へアドバイスです。青菜をあげるなら早めに青菜をあげるのは1人餌に完全に切り替わる前からにすることをおすすめします。この時期から慣れさせないと成鳥になってからでは青菜がなんだか得体のしれないものにしか見えなくて一切口につけないこともあり得ます。...

page top