文鳥のくちばしが伸びる理由

文鳥のくちばしが伸びる理由

文鳥のくちばしが変な方向に伸びる、伸びすぎてしまう、変形してしまうなどなどくちばしのトラブルにの原因や対処法について解説しています。

 

文鳥のくちばしが伸びる

文鳥の下や上のくちばしが伸びすぎてしまうと、受け口になってしまい餌を食べにくくなってしまいます。そのためくちばしが伸びてきたら飼い主か小鳥の扱いに慣れている病院で切ってもらうのが一般的です。

 

くちばしが伸びてしまう原因

くちばしが伸びてしまう原因として最も多いのは加齢です。

 

若いうちは止まり木やらケージを噛んで勝手にくちばしが削れていくものなのですが、加齢で咬む力が弱まるとけずれなくなってどんどん伸びてしまうのです。

 

対処法としては剥き餌に変えてあげて、伸びてきたらそのつど保定して切ってあげるといいでしょう。

 

また稀に内臓の病気(肝臓障害や肝臓肥大など)やカビの病気であることもありますので、くちばしの伸びが気になった場合念の為病院で見てもらうようにしてください。

<スポンサーリンク>

関連ページ

あなたの文鳥がなつかない理由
文鳥はすごいなつくって聞いたのに全然なつかない!という悩みをお持ちの方へアドバイスしています。
文鳥がくちばしをこすりつける理由
文鳥がくちばしを止まり木や指などにこすりつける仕草を見たことある人は多いと思います。このこすりつける仕草にはどういった意味があるのでしょうか。
文鳥が保定を嫌がる場合の対処法
爪切りや薬をあげなければいけない時などは保定により文鳥を抑えておかなければいけません。
文鳥が無精卵を温める場合の対処法
メスの文鳥を1羽で飼っているとある日突然卵が見つかってそれを温めている姿に驚かれる人は多いです。今回は文鳥が無精卵を生んで温める場合の対処法についてです。
文鳥が薬を飲まない場合の対処法
文鳥が病気をしてしまいどうしても薬を飲ませなければならない。だけどなかなか飲んでくれない!こういう悩みを抱えている飼い主さんは珍しくありません。今回は文鳥が薬を飲まない場合の対処法を紹介しています。
文鳥が逃げた場合の対処法
文鳥が逃げた場合の対処法について解説しています。
文鳥の爪切りは嫌われる?
文鳥は基本的に爪切りを嫌がります。身体をがっしり掴まれる保定を嫌うからです。ではやはり爪切りをするのは嫌われてしまう原因になるのでしょうか?

 
トップ