文鳥が逃げた場合の対処法

文鳥が逃げた場合の対処法

文鳥が逃げた場合の対処法について解説しています。

 

文鳥が逃げてしまう原因

文鳥が逃げてしまうのは大抵飼い主さんの不注意です。

 

放鳥している時に窓を開けてしまった、窓を開けていることに気がつかずに放鳥してしまった、掃除をしようとした拍子に飛び出てしまったなどなど・・・。

 

ペットとして生きてきた文鳥は野生としては生きる術を知りません。外の世界にはカラス、ムクドリ、モズ、猫といった天敵もたくさんいます。

 

なので逃げだしてしまった場合一刻も早く見つけ出して連れ戻す必要があります。

 

 

逃げてしまった場合の対処法

まず警察に落し物紛失として届け出をしましょう。(ペットというのは法律上物扱い)警察への届け出をしておくと誰かが保護して届けてもらった時に連絡を貰えます。

 

そして近くの団地や学校などに許可を貰って貼り紙をするといいでしょう。

 

良心的な人なら保護してくれるでしょうし、貼り紙をみたら連絡をくれるでしょう。つらいかと思いますが最後まで諦めないことが大切です。

 

文鳥は逃げたとしても案外遠くにはいかず、急変した環境を怖がってかなり近くで潜んでいることも多いです。飛ぶ力もそんなに強くないので・・。

 

なので逃げたらすぐに探すこと!順番としてはまず探す⇒1日探して駄目なら警察・貼り紙です。

page top