文鳥が薬を飲まない場合の対処法

文鳥が薬を飲まない場合の対処法

文鳥が病気をしてしまいどうしても薬を飲ませなければならない。だけどなかなか飲んでくれない!こういう悩みを抱えている飼い主さんは珍しくありません。今回は文鳥が薬を飲まない場合の対処法を紹介しています。

 

水を飲まない場合の対処法

薬の上げ方には飲み水に混ぜて飲ませるやり方と、直接口から飲ませるやりかたがありますね。

 

どちらにせよ薬というのは文鳥には味がきついのかあまり飲みたがらない子が多いです。

 

飲み水に混ぜたら水を飲まなくなり、普通の水にかえたら食いつくように飲み始めるので下手したら脱水症状になるんではないかと心配になります。

 

ですが飲み水にまぜてやらなければいけない場合、できるだけ飲み水以外からの水分摂取を控えさせなければいけません。

 

そのため治療中は水浴びや青菜のような野菜は禁止です。他に水分摂取の方法がなければ嫌だろうといずれは諦めて薬入りの水を飲み始めます。

 

可哀相だからと普通の水は飲ませないようにしてください。

 

どうしても飲まないようなら水を指でくちばしに付けてあげればその水を飲んでくれると思います。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

あなたの文鳥がなつかない理由
文鳥はすごいなつくって聞いたのに全然なつかない!という悩みをお持ちの方へアドバイスしています。
文鳥がくちばしをこすりつける理由
文鳥がくちばしを止まり木や指などにこすりつける仕草を見たことある人は多いと思います。このこすりつける仕草にはどういった意味があるのでしょうか。
文鳥が保定を嫌がる場合の対処法
爪切りや薬をあげなければいけない時などは保定により文鳥を抑えておかなければいけません。
文鳥が無精卵を温める場合の対処法
メスの文鳥を1羽で飼っているとある日突然卵が見つかってそれを温めている姿に驚かれる人は多いです。今回は文鳥が無精卵を生んで温める場合の対処法についてです。
文鳥が逃げた場合の対処法
文鳥が逃げた場合の対処法について解説しています。
文鳥のくちばしが伸びる理由
文鳥のくちばしが変な方向に伸びる、伸びすぎてしまう、変形してしまうなどなどくちばしのトラブルにの原因や対処法について解説しています。
文鳥の爪切りは嫌われる?
文鳥は基本的に爪切りを嫌がります。身体をがっしり掴まれる保定を嫌うからです。ではやはり爪切りをするのは嫌われてしまう原因になるのでしょうか?

 
トップ