文鳥がくちばしをこすりつける理由

文鳥がくちばしをこすりつける理由

文鳥がくちばしを止まり木や指などにこすりつける仕草を見たことある人は多いと思います。このこすりつける仕草にはどういった意味があるのでしょうか。

 

くちばしをこすりつけるのは痒いから?

最初に思いつくのは「こすりつけるのは痒いから?」という疑問ですね。確かにダニなどが原因で痒くなることがありますが、くちばしがかゆくなることはあまり多くありません。

 

原因として考えられるのは以下のものだと思います。

 

  • 餌の食べ残しを綺麗にしようとしている。
  • 嬉しさ・愛情表現
  • 求愛・発情の気持ち

 

3つ目は意外かもしれませんが、文鳥というのは交尾の際には互いにくちばしをこすりつけあう習性があるのです。それを人間に対して行うことも文鳥1匹だけで飼育している場合には珍しくもないのです。

 

まあこの場合発情というよりも最大の愛情表現だと思えばいいと思いますよ。飼い主が好きだからこそでてくるものなので、今までの育て方が良かった証拠です。

 

 

以上くちばしをこすりつける理由の解説でした。参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

あなたの文鳥がなつかない理由
文鳥はすごいなつくって聞いたのに全然なつかない!という悩みをお持ちの方へアドバイスしています。
文鳥が保定を嫌がる場合の対処法
爪切りや薬をあげなければいけない時などは保定により文鳥を抑えておかなければいけません。
文鳥が無精卵を温める場合の対処法
メスの文鳥を1羽で飼っているとある日突然卵が見つかってそれを温めている姿に驚かれる人は多いです。今回は文鳥が無精卵を生んで温める場合の対処法についてです。
文鳥が薬を飲まない場合の対処法
文鳥が病気をしてしまいどうしても薬を飲ませなければならない。だけどなかなか飲んでくれない!こういう悩みを抱えている飼い主さんは珍しくありません。今回は文鳥が薬を飲まない場合の対処法を紹介しています。
文鳥が逃げた場合の対処法
文鳥が逃げた場合の対処法について解説しています。
文鳥のくちばしが伸びる理由
文鳥のくちばしが変な方向に伸びる、伸びすぎてしまう、変形してしまうなどなどくちばしのトラブルにの原因や対処法について解説しています。
文鳥の爪切りは嫌われる?
文鳥は基本的に爪切りを嫌がります。身体をがっしり掴まれる保定を嫌うからです。ではやはり爪切りをするのは嫌われてしまう原因になるのでしょうか?

 
トップ