巻き毛カナリアの飼育方法

巻き毛カナリアの飼育方法

一般的に飼育がしやすいといわれるカナリアですが、巻き毛カナリアに関しては比較的繊細で体質も弱い部分があり飼育難度が上がるといわれています。今回は巻き毛カナリア飼育の上での注意点を紹介したいと思います。

 

飼育スペースの注意

巻き毛カナリアというのは他のカナリアと比べたら、デリケートな傾向があります。そのため飼育スペースに関しては以下の注意点をふまえて環境を作ってあげることをおすすめします。

 

飼育する籠

全面のみが金網になった庭箱が適しています。金網でも育てられないことはないですが、庭箱のほうが羽毛に優しく繊細な巻き毛には向いています。

 

 

怪我に注意

普通のカナリアと比べて踏ん張った(立ち気味)姿勢をしているため、止まり木に糞が付着し、それが足指に付着することが原因でくじいたり痛めることが多いです。そうならないように止まり木は定期的に掃除しておく必要があります。

 

▼Youtubeより拝借。巻き毛カナリアの立ち姿勢▼

 

糞きり網使用上の注意

同様の理由で、巻き毛カナリアは糞きり網にひっかかりやすい傾向にあります。なので網の上に新聞紙やキッチンペーパーを強いておいたほうが安全といえます。」

 

餌について

巻き毛カナリアのような姿勢鳥はその美しい姿勢を維持することが求められるので、餌については栄養価に気を使う必要があります。ネットで詳しい配合例が色々紹介されていますので調べてみてください。

 

巻き毛カナリアの繁殖が高い理由

他のカナリアと比較して繁殖させるのが難しい理由として以下の点が挙げられます。ブリーダーの頭を悩ませることも多いようです。

 

●卵を産んでも無性卵であることが多い
●抱卵しない個体もいる
●つがいで飼っていてもまったく交尾をしようとしない

page top