カナリアの怪我対策

カナリアの怪我と治療法

カナリアは非常に細身であまり身体面では丈夫でないので、人間側が注意してあげないと怪我に繋がることがあります。

 

爪の怪我治療

よくあるのが爪の伸びすぎが原因でなる怪我です。どこかに爪をひっかけて怪我をしてしまうことがあります。また爪を切る時に慣れていないと血管まで一緒に切ってしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

出血を防ぐには

爪は光に透かすことで血管が見えます。最初の内は不安ならばペットショップや動物病院のベテランさんにお願いするといいですよ。

 

▼Youtubeより拝借。手慣れた人がやるとこんなものです。▼

 

気のう破裂の治療

飛んでいる最中に壁やガラスに激突することで、首付近に大きな空気袋が発生してしまいます。小鳥はあっけらかんとしていることが多いですが放置しておくと空気がさらにたまりはじめます。進行するとそれが炎症のように真っ赤になりやがて元気がなくなってきます。

 

空気を抜く方法

こわいですが熱湯消毒した針で空気を抜き、小鳥用の消毒液を塗っておきます。

page top